家族信託の注意点をしっかり学んで安全な資産運用をしよう!

信託の留意点

相談

信託手続きの流れ

家族信託とは資本を持つ者が特定の目的にしたがって、その保有する不動産や預貯金等資産を信頼できる家族に託しその家族の管理、処分に委ねる仕組みをいいます。成年後見制度とは異なり、認知症等になる前の早い段階で信託契約を結ぶことができるのがメリットです。また青年後見制度に伴う報告義務がない点に特徴があります。この家族信託契約を締結する一連の段取りとしてはまず、信託する目的の特定をする必要があります。例えば老後の生活について認知症になった場合に信託資産から生活費を支出することが代表例です。その他にも特定の資産を運用して運用益を上げられます。例えば特定の不動産でアパート経営をしてもらうことを目的とすることもできるのです。続いて信託の内容を実施する当事者を決定する必要があります。すなわち、財産管理を委託する受託者及びその運用益を享受する受益者を決定するということです。通常家族信託の場合、受託者は家族となります。そして受益者は自分自身が原則ですが、第三者あるいは別の家族を受益者とすることもできます。例えば孫が小さいというような事情があり、孫には自分と受託者以外身寄りがないというような状況が生じる場合があるでしょう。そんなときに、その孫を受益者として自分が持ってる資産を運用してくれという選択をすることも可能です。そして、この信託する内容を契約書に取りまとめます。この段階においては専門家に相談することが良いでしょう。契約書の記載事項や契約文言の表記については、やはり専門家に委ねるべきだからです。さらに家族信託の内容が不動産の管理というものである場合は、不動産の信託登記という手続きが必要となります。

交通事故

納得できない

交通事故を起こす可能性は誰にでもあります。そんなときは交通事故交渉に長けた弁護士に依頼をすることです。静岡の弁護士は法令や交通事故交渉に慣れており、保険会社との交渉も有利にできるでしょう。

計算

顧問契約を結ぼう

税理士を雇うメリットを最大限に活かすには、しっかりした目的意識を持つことが大事です。確かなメリットを感じたら、税理士と顧問契約を結びましょう。千葉で税理士を雇うときは、まず最初に簡単な作業を依頼して、実力や人柄をチェックしましょう。

合掌する女性

相続を放棄するには

相続する資産よりも負債の金額が多い場合には、相続をしない方が有利です。相続放棄は、相続を知った日から3ケ月以内の申し立てる必要があります。限定承認は、相続した資産の範囲内で債務の引き受けを行うものです。相続放棄や限定承認には、弁護士に相談することが効率的です。