家族信託の注意点をしっかり学んで安全な資産運用をしよう!

  1. ホーム
  2. 相続を放棄するには

相続を放棄するには

合掌する女性

弁護士に手続きを依頼する

平成27年以降の相続については、相続税法の大幅な改正が行われています。相続税の基礎控除5000万円が3000万円に、相続人一人当たりの控除額が1000万円から600万円に引き下げになるとともに、税率の改定が実施されています。相続税を少なくするためには、事前の対策が必要です。相続対策には、税理士に相談することが効率的です。相続は、亡くなった人の財産が相続人に承継されるものです。相続する財産のうちに預金、土地、建物などの資産の金額が借入金などの負債を上回っている場合には、相続した方が有利です。負債の金額が資産の金額よりも大きい場合には、相続せずに相続放棄を行った方が有利となる場合があります。相続放棄を行う際には、弁護士等に相談する必要があります。相続放棄は、相続を知った日から3ケ月以内に行う必要があります。相続放棄は、被相続人の住所地の家庭裁判所に申し立てる必要があります。被相続人に借金が多くて全体の借金の総額が分からない場合には、限定承認を行うこともできます。限定承認を行う際には、弁護士等に相談する必要があります。限定承認は、相続した資産の金額の範囲内で、債務の相続するものです。限定承認は、相続放棄と同様に3ケ月以内に家庭裁判所に申し立てる必要があります。限定承認は相続人全員で行う必要がありますが、相続放棄は相続人一人でも受けることができます。相続放棄や限定承認の手続きを行う際には、法律問題の専門家である弁護士に相談することが効率的です。